---------

2006年09月11日

未納問題

国会議員の未納問題に関しては、大騒ぎするようなことではないと思う。うっかり、忘れていた、というようなものだろう。公務員になったりならなかったりすると、制度の切り替えが難しいだろうから。

でもって、未納だということで、鬼の首を取ったみたいに、騒ぐというのは、あまりよくない。政治家として優れていれば、未納問題は、それほどでかい問題はない。

それよりも、資金運用の問題のほうがはるかにでかい。

 

年金未納問題
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
最終更新 2006年4月23日 (日) 09:15。

年金未納問題
年金未納問題と一口にいっても、年金保険料の未納率が増加しつつある問題と、年金保険料の納付義務者が納付を怠りやすい(失念しやすい)問題に分けられる。前者は公的年金制度そのものに関わる問題であり、後者は単なる手続の不都合・未整備の問題である。


未納率の増加に関して
年金未納問題のうち、年金保険料の未納率が増加しつつある問題は、公的年金制度・国民年金制度そのものに関わる問題である。

日本の年金保険制度は「国民皆保険」(20歳以上60歳未満)を標榜している。しかし、高齢化による給付総額の増大、少子化による納付総収入の減少により制度の先行きが不安視されるようになると、年金保険料の未納者が増加、年金制度の資金繰りをさらに苦しめるという悪循環を生んだ。未納率は4割に達するといわれ、年金制度自体の根幹をゆるがしかねない事態となっている。これが年金未納問題である。未納は制度上許されないものであるものの(低所得者、学生など一定の条件を満たす一部の者を除く)、強制徴収は1987年と2004年に一部の未納者に対して行われたのみで、今のところ政府(社会保険庁)は一貫した強硬手段をとっていない。それに対し、財産差し押さえも含めた徴収が必要だとの声もあがっている。

未納問題が拡大する背景には、「未納者が増えているために年金崩壊がさらに早まり、いま保険料を支払っても年金をもらえなくなるのではないか」という不安が、マスコミの報道などを通して国民に広がっていることが挙げられる。実際、年金給付を年金納付による収入で賄うのは現在の急速な少子化がある限りほとんど不可能であることが確実視されており、年金制度の健全な運用には税金の投入あるいは高額の年金納付金の強制回収しかないとの意見がある。それに対し、国民の負担増に解決策を求めるのではなく、高所得層が高い年金給付をうけている現状を改めるとともに、税金の無駄遣いを止めて財源を確保して欲しいというのが当面の世論である。

資金運用の不明瞭さは問題点のひとつであり、1980年代に年金の積立金が公共施設の建設や株式の投資目的に流用され、大きな損失を生んだという経緯がある。また、給料から源泉徴収されて強制的に保険料を払わされているサラリーマンに負担が集中しているという不公平さ、夫が終身雇用のサラリーマンで妻が専業主婦という従来の家族構成に有利に働き、夫婦共働きの家庭や転職経験者に不利になっているという多様化したライフスタイルへの対応の遅れも指摘されている。

解決のためには、年金制度の公正化と安定化が急務であり、国民の信頼を取り戻すことはより多くの未納者から納付を得るために不可欠である。しかし、年金制度安定のための改革案が活発に議論されていた2004年の国会の期間中には、閣僚を始め多くの国会議員の年金未納が発覚するという皮肉な事態が生じ、官房長官や第一野党の民主党代表が辞任に追い込まれるという一大政治スキャンダルにまで発展した。


 

posted by 将来と今この時 at 09:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 年金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月12日

年金未納問題(納付率)

平成16年度は未納率36.4%か。
こういう数字だけを視ると、たしかに、なんとなく、
消えてしまいそうな制度のように感じる、が・・
なんとか、しぶとく生き残って欲しいものだ。

年金未納問題
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
最終更新 2006年4月23日 (日) 09:15。

納付率
納付対象者が、当該年度分の保険料として納付すべき月数を納付対象月数という。これに対して、実際に納付された月数を納付月数という。納付率は、納付月数を納付対象月数で除して百分率で表わされる。

最近の納付率(現年度分)は、以下の推移をたどる。

平成10年度 76.6%
平成11年度 74.5%
平成12年度 73.0%
平成13年度 70.9%
平成14年度 62.8%
平成15年度 63.4%
平成16年度 63.6%

未納率
よく挙げられる未納率は、この納付率と100との差である。これによると、平成16年度は未納率36.4%となる。

このように、未納率といっても、国民年金の未収分がそれですべて測られるものではない。また、すべての国民年金被保険者のうちの未納者の割合でもない。「未納率4割」とセンセーショナルに取り沙汰されるが、果たして国民年金制度を揺るがすほどの数字であるか、いかなる意味を持つ数字か慎重な検討を要する。

時効
国民年金法102条3項は「保険料その他この法律の規定による徴収金を徴収し、又はその還付を受ける権利・・・は、二年を経過したときは、時効によつて消滅する。」と定める。この規定により、納付すべき月から2年を経過すると、納付することができない。

時効となり、徴収できなかった保険料は、1986年度から2002年度までの17年間で、約8兆1307億円にのぼる(2004年4月16日:社会保険庁による答弁書)。

罰則
国民年金法は、国民年金の被保険者種別や住所氏名などに変更があった場合、市町村長に届け出なければならないと定める。同113条は、被保険者がこの届け出をしなかった場合「三十万円以下の罰金に処する。」と定める。

なお、2004年5月11日に、大阪の市民オンブズマンは、中川昭一(経済産業相)と竹中平蔵(金融・経財相)に同法違反の疑いがあるとした告発状を、大阪地検堺支部へ提出した。


 

posted by 将来と今この時 at 10:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 年金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月13日

保険料免除制度

収入が少ないときは、
免除してもらおう。

保険料免除制度があるのだから。
手続きに行くのは、めんどうだろうけど。

 

 

 

年金未納問題
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
最終更新 2006年4月23日 (日) 09:15。

国民年金の保険料
三種の被保険者のうち、第二号被保険者と第三号被保険者は、厚生年金、共済年金などの被用者保険の会計から直接、国民年金の会計(基礎年金勘定)へ拠出するため、国民年金保険料として納付することはない。国民年金の保険料を実際に納付する義務を負っているのは、第一号被保険者のみである。なお、第一号被保険者であっても、低所得者、学生などを対象に一定の条件下で保険料が減免、猶予される制度として保険料免除制度、学生納付特例制度がある。

第一号被保険者のうち、学生納付特例者(平成16年度末には、173万人)、申請全額免除者(同176万人)、法定免除者(同109万人)は、納付の猶予、または、免除が認められるため、納付対象者から除かれる。結局、1,759万人(同)が国民年金保険料の納付対象者となる。この納付対象者が年金保険料を納付しないと、年金保険料の未納者となる。

 

posted by 将来と今この時 at 08:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 年金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月14日

届け出を忘れずに

私は、自営業なので、第一号被保険者ですね。

結婚するときなどは、届け出を忘れずに。

 

 

年金未納問題
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
最終更新 2006年4月23日 (日) 09:15。

国民年金概説

制度
国民年金は、日本国内に住所を有する20歳以上60歳未満の者を被保険者とする年金制度であって、その財政方式は賦課方式である。そのため、国民年金法は「被保険者は、保険料を納付しなければならない。」として、被保険者に保険料納付義務を課す(88条)。

国民年金の被保険者は、以下の通り、第一号被保険者、第二号被保険者、第三号被保険者に分けられる。

第一号被保険者:第二号被保険者、第三号被保険者を除く、日本国内に住所を有する20歳以上60歳未満の者。自営業者、無職者、学生など。平成16年度末現在、2,217万人。
第二号被保険者:厚生年金、共済年金など、被用者年金の加入者。会社員、公務員など。平成16年度末現在、3,717万人。
第三号被保険者:第二号被保険者の配偶者であって、主として第二号被保険者の収入により生計を維持する者。会社員の専業主婦など。平成16年度末現在、1,099万人。


posted by 将来と今この時 at 09:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 年金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月15日

年金の未納

年金の未納、というのは、問題ですね。

しかし、これ、払いたくなかった。

金があるほうじゃないしね。しかし、金がないひとこそ、

払っておくべきだ、という問題がある。

 

年金未納問題
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
最終更新 2006年4月23日 (日) 09:15。


年金未納問題(ねんきんみのうもんだい)とは、日本の国民年金制度において、年金保険料の未納に関する問題のこと。年金保険料の未納率が増加しつつある問題と、年金保険料の納付義務者が納付を怠りやすい(失念しやすい)問題に分けられる。

posted by 将来と今この時 at 13:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 年金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月16日

老後の生活費

老後の生活費はどのくらいかかるのだろう、ということで、いろいろと調べていると、まあ、月に25万ぐらいというのが出てきた。しかし、もちろん、人によって、まるでちがいます。

その人が、いままで、どういう生活をしてきたか。それが問題。もちろん、老後の生活費の平均は、25万程度、と聞いたところで、それが用意できるわけでもない。

 

以下生命保険文化センター「平成10年生活保証に関する調査」からの引用。

世帯税込年収    1最低生活費   2ゆとり生活費
300-500万円     21.8万円      35.3万円
500-700万円     23.2万円      37.4万円
700-1000万円     25.8万円      40.2万円
1000万円以上     28.3万円      45.2万円

(補足)
最低生活費1:老後の最低日常生活費(月額)
ゆとり生活費2:ゆとりある日常生活費(月額)

↑他の資料も探しているのですが、なにか、この資料ばかりが、(検索に)引っかかってしまうのです。

−−−−−−−−−−−

 

老後の生活費・・それは、あるに越したことはない。

「平均」などというものが気になってしまうのが、人間のサガだ。

とりあえず、夫婦二人が月20万で暮すとして、年に240万必要になります。特別な病気などをしないで、ずっと、生きたとして、年に240万だとして、10年で、2400万。20年で4800万ですね。65歳で定年退職したとして、85歳までで、4800万。

最低月に25万ぐらい必要、と書いてありますが、こっちは、月に20万で計算しています。95歳まで生きるとすると、まあ、7200万か。

まあ、国民基礎年金は、月に6万、7万ぐらいだろうと思います。(年金支給額は、これから、減ることはあっても増えることはないでしょう。)厚生年金の度合いによってちがってきますね。

国民基礎年金だけで、老後を暮していくとすると、かなり苦しい生活になりそうな予感。貯蓄は、それはあったほうがいい。

平均で6000万円用意しておいたほうがよいと、いわれる。

私などは、「できるか!!!!」と叫びたくなる。

いや、叫んだら、いかん。

海外脱出(ロングステイ)などを考える人が出てくるも必然ですね。

 

 

posted by 将来と今この時 at 10:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 年金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月19日

アメリカの年金制度401kとは?

「401k」とは? アメリカの年金制度のひとつ。運用益課税の恩典。

401k
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

最終更新 2006年5月24日 (水) 00:51。

401kは、アメリカにおいて採用可能な確定拠出型年金制度の一つ。その名前は1978年米国内国歳入法(Internal Revenue Code of 1978)の条項名(401k)にちなみ、退職所得補償金積立に対する課税上の恩典が与えられている。なお、他の確定拠出型年金制度には、非営利団体の従業員向けの403bや州・地方自治体職員をカバーする457などがある。

401kでは、例えば企業などの雇用者が被雇用者のために一定条件の下で支出する拠出金を退職後所得補償であると認め、一般の所得課税と区分してその運用益課税が繰り延べられることを認める税制が適格であることを規定している。雇用者は、年金制度の受託者となって、その年金制度の策定計画のほか、年金基金の投資先選定、運用成績のモニタリングを行う責任がある。


The employee asks to have part of his salary paid directly, or deferred, into the 401(k) fund. In participant-directed plans the employee can then select from a number of investment options. In trustee-directed 401(k) plans the employer appoints trustees who decide how the plan's assets will be invested.

従業員は、給料の一部について、直接給与として支払う、もしくは401(k)ファンドへ繰延べ払いとするよう依頼する。加入者運用指示型のプランにおいては、そうすることで従業員は多くの投資選択肢から選択することができる。受託運用型の401(k)プランでは、雇用者が受託者を任命し、受託者はプランの資産がどこに投資されるかを決定する。

Taxes on contributions to 401(k) plans and the earnings on those contributions are deferred until the money is withdrawn from the plan. At the time money is withdrawn from the plan it is taxed as regular income. Withdrawals are typically made at or after retirement. In most cases in which employees take money taken from accounts prior to retirement they must pay a 10 percent penalty to the IRS.

 401(k)プランから金銭が引き出されるまで、401(k)プランへの拠出金と拠出金の運用益に対する課税は延期されます。プランから金銭が引き出されたときに所得として課税されます。引き出しは、典型的には、引退時点もしくは引退後に行なわれますが、従業員が引退する前に口座から金銭を引き出す場合、ほとんどがIRS(内国歳入庁)への10パーセントの罰金を課せられます。

Theodore Benna, a consultant working for The Johnson Companies, created the first 401(k) plan in 1980. During the decade of the 1990s the plan proved popular with workers because it has more flexibility than Individual Retirement Accounts, known as IRAs. 401(k) plans have higher yearly contribution limits than IRAs. Also, 401(k) plans are tax-qualified plans covered by the Employee Retirement Income Security Act of 1974 (ERISA) which means that assets held by the plans are protected from creditors. That protection does not apply to IRA accounts in some states.

シアドア・ベナ(ジョンソン社で働くコンサルタント)は1980年に最初の401(k)制度を作成した。1990年代の十年間で、それがIRAと呼ばれる個人退職金勘定よりも柔軟性があるという理由から、労働者に人気があると分かった。401(k)制度は、IRAよりも毎年の拠出限度額が高い。さらに、401(k)制度は、1974年エリサ法(ERISA)によってカバーされる税制適格の制度であり、それにより制度が保有する資産は債権者から保護される。同じ保護はIRA勘定には状況によって適用されない。

Many plans also allow employees to take loans from their 401(k) to be repaid with after-tax funds at a low, pre-defined interest rates. The interest proceeds then become part of the 401(k) balance. 多くのプランでは、従業員による自分の401(k)からの低利の固定金利による借入れも認められているが、その分は課税後資産から返金されなければならない。こうして借入れの支払い利息は当該401(k)勘定の一部に戻される。

401(k) plans also proved popular with employers looking for ways to reduce their pension costs. In most cases, defined contribution plans are less expensive than defined benefit plans for employers. 401(k) plans also create a predictable cost for employers while the cost of defined benefit plans can vary unpredictably from year to year.

401(k)プランは、また年金コスト削減手段を求める雇用者側にとっても需要があることが判明した。ほとんどの場合、確定拠出型制度のほうが、確定給付型制度よりも雇用者側の負担は少なくなる。確定給付型年金プランのコストが年々変わって予測不可能であるのに対して、401(k)プランは、雇用者のコストを予測可能なものとする。

At present, there are a number of financial-advice sites on the Internet that describe these plans in their free-content sections. 現在では、内容制限のないセクション内でこれらプランのことが書かれている多くの金融助言サイトがインターネット上に存在する。

日本版401k
日本においては、2001年10月から、米国の401kをモデルとした日本版401kがスタートした。「企業型」と「個人型」の2つがあり、前者の場合は企業側が掛け金を支払うので、従業員は掛け金を負担しなくてよい。個人型は逆に、個人が掛け金を拠出する形であり、自営業者や、企業年金を導入しない企業の従業員が加入出来る。この2つを両方加入することは出来ない。また、公務員、専業主婦、国民年金保険料を納めていない者は加入することが出来ない。

税制上の優遇措置が大きい、転職した際には前勤務先の資産残高を持運べる(ポータビリティ)、個人勘定が設定されるので、運用成績が明確にわかる、等のメリットがある。デメリットとしては、運用リスクは全て個人が負うことである。

企業側としては、運用リスクを負わなくて済む反面、従業員に適切な投資教育を十分に行わなければならない。

"http://ja.wikipedia.org/wiki/401k" より作成

posted by 将来と今この時 at 14:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 年金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月23日

年金はどうなってしまうのかなぁ

俺の時は、年金支給開始年齢が70歳になっていたりして。

それは、まずい。

−−−−−−−−−−−−

以下引用。

年金
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

最終更新 2006年8月4日 (金) 02:45。

日本の公的年金制度改革
1961年の国民皆年金以来、公的年金制度は何度も改正されている。1973年の改正は最も大きく、当時の田中角栄内閣は新たに支給する年金の支給額を現役世代の男子の賃金の約60%まで大幅に引き上げ、すでに支給している年金については賃金と物価の伸びに応じて年金額を5年ごとに引き上げることとした(物価スライド制と賃金スライド制)。

1985年には国民年金と、厚生年金と共済年金の定額部分(1階部分)を一つにまとめた国民基礎年金が作られ、同時に年金の支給額を抑えるために所得代替率が引き下げられた。

1994年の改正では、年金の定額部分(1階部分)の支給開始年齢が60歳から65歳に引き上げられ、賃金スライドを可処分所得スライド制に変更した。

1999年の改正では、年金の比例部分(2階部分)の支給開始年齢が60歳から65歳に引き上げられ、可処分所得スライド制が廃止された。

2004年には下記のように改正されたが、1985年改正以降は主として保険料収入の不足を補うための改正であり、年金一元化など制度の根本的な見直しを行う改正にはなっていない。

posted by 将来と今この時 at 05:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 年金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

公的年金の損得勘定

平均余命か。

現在30歳の、とある人が、この先、何年間生きるか、それは、わからない。しかし、現在30歳の人を100万人集めると、だいたい、何パーセントの人はこのくらいまで生きる、ということが予測できる。というのを、大数の法則というのかな。知らないけど。で、まあ、そういうことなんでしょう。
「俺、あと何年生きているんだろう」

などと、考えてしまいました。

人生に悔いがある。

−−−−−−−−−−−−

以下引用。

年金
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

最終更新 2006年8月4日 (金) 02:45。

 

 

公的年金の損得勘定
日本政府は「公的年金は個人の積立ではなく世代間扶養の仕組みであるから、損得勘定は不要」とする立場をとっている。一方、報道機関や専門家は世代毎の公的年金の受給額と負担額を比較し、将来の受給世代では負担額に見合った受給額を得られないことを指摘している。これはスウェーデンなど北欧で既に社会問題として指摘され、それらの国の年金改革の原動力となった問題である。  これの指摘に対して、日本政府は支払額と支給額の比率を1.7倍として、国庫負担を1/2であるから平均としては得であると試算しているが、この試算には以下に示す問題がある。

国庫負担が1/2であるなら、単純計算で行くと、2倍とならなければならないがシステムの存続のためにはお金が必要ということもあり、この1.7倍という数字は妥当のようにも思われる。しかし、この1.7倍という数値は、60歳の人間の平均余命をもとに出した数値であり、年金を払い60歳まで生きることができた人間の中での平均が1.7倍ということである。 これは個人勘定で言えば、一番損をしている、老齢年金の受給年齢に達するまでに死亡してしまった人を除いた平均という試算である。この60歳までに死亡してしまう人をも考慮すると、つまり年金を払いはじめる20歳時点の平均余命をもとに、平均数値を考えないといけないことになる。すると、これは1.2倍を少し超える程度という結果となる。

posted by 将来と今この時 at 15:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 年金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

年金の担保・差し押さえ

消費者金融会社から年金を当てにしてお金を借りた場合どうなるのか?  担保・差押は制限されている。らしい。どの程度、どんな風に、制限されているのか、わからないけど・・。

 

以下引用です 

年金
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

最終更新 2006年8月4日 (金) 02:45。

年金の担保・差し押さえ
国民の年金収入は主に国民年金・厚生年金から成り立っているが、少子高齢化に伴う現代の社会では年金を含めた金銭トラブルが少なくない。消費者金融会社とのトラブルでは年金の担保・差押が起こっている。年金を当てにしてお金を借りたり、連帯保証人になるといったケースが存在している。日本の法律では受給権の保護によって、債務者・連帯保証者の生活を保護するために、このような担保・差押は制限されている(国民年金法第24条・厚生年金保険法第41条)。ただし、この法律には脱税に対する処分による差押はこの限りではないとされている。

posted by 将来と今この時 at 21:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 年金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月24日

ライフスタイルへの対応

旦那が年収700万円で、奥さんは(専業主婦)で、0円。というケースと、

旦那が年収400万円で、奥さんが300万円、というケースを比べた場合、たぶん、実質的には、「旦那が年収400万円で、奥さんが300万円」のほうが、使える金が多いような感じがする。この、年収というのは、税引き前の年収なのだけど。

しかし、まあ、いろいろだよねぇ。健康に関しては、どれだけ気をつけても、いつどうなるかわからないし、「けっきょく、おのおの考えてやってくれ」というところなのだろうけど。

制度云々ではなくて、どうすれば、一番得をするのか、という視点の記事と、制度云々の記事とでは、どっちのほうが、多く読まれるのだろうか。年金や株のことは、あまり習わなかったよな。学校では。もちろん学校でも習ったけど、それは、「制度」の話だ。

実際に自分がどうするか、ということとはまったく無縁な話だった。

 

年金
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

最終更新 2006年8月4日 (金) 02:45。

多様化するライフスタイルへの対応
日本の年金制度、特に厚生年金は家族制度を前提としており、妻が専業主婦で夫が終身雇用の場合にもっとも有利になるようになっている。そのため、妻が共働きであったり、パート勤務の場合年金が不利になる。また、転職を繰り返したり、脱サラをして自営業に転職した場合、あるいは自営業からサラリーマンに転職した場合など、現在の多様なライフスタイル・キャリア形成に対応していないばかりでなく、特定の家族制度をとるように制度が個人に圧力をかける仕組みになっている。個人のライフスタイルは、各自の自由な選択であり、年金制度は選択に対して中立でなければならない。そのためには現在の家族を単位とした年金制度を、個人単位の仕組みに変更する必要がある。また、職業により年金制度が並立する状態では転職を伴うキャリア形成に対応しにくいことも、年金制度の一元化の根拠となっている。

また、老齢年金の受給資格が発生するためには最低25年国民年金保険料を納めなければならない仕組みを改めるべきとの意見がある。

posted by 将来と今この時 at 14:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 年金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月25日

再配分という機能は残しておいた方がいい

「所得の多寡に関わらずすべての国民年金(基礎年金)受給者へ国民基礎年金会計を通じて所得が移転する」……これは、よいことだから、修正する必要はないと思います。市場経済社会では、やはり、金が集まるところと集まらないところが、生成されがちだ。公平な状態からはじめて、差が付いたとはいえない部分もある。とてつもなく不平等なところからはじめるわけだから、やはり、再配分という機能は残しておいた方がいいと思う。

年金
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

最終更新 2006年8月4日 (金) 02:45。

以下引用。

所得再分配機能のあり方
現在の年金制度では、老後の生活を確保するために、支払った保険料に応じた年金が支払われる社会保険機能と、(厚生年金と共済年金の2階部分に限られるが)低所得者層に対して高所得者層から所得を移転することでその格差を是正する所得再分配機能が混在している。現在は所得が100%捕捉される第2号被保険者及び正直に保険料を納めた第1号被保険者から、所得の多寡に関わらずすべての国民年金(基礎年金)受給者へ国民基礎年金会計を通じて所得が移転する結果となっており、本来の目的を果たしていない。そのため、保険料を正直に支払った者だけに負担が集中する不公平な状態となっている。

そこで、保険料で所得の再分配を行うことをやめて、所得再分配は税で行い、保険料は社会保険機能のみに使うよう両者の機能を分離することも提唱されている。つまり受給者は過去の保険料支払額に応じた年金だけを受け取り、最低額に達しない受給者には、保険料からでなく税から不足分を補填を行なおう、というものである。

posted by 将来と今この時 at 12:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 年金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月26日

少子化と高年齢化

そのまま少子化と高年齢化の問題。しかし、「運用」の問題もあると思うけど。まあ、続かないよね。今のままでは。

年金
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

最終更新 2006年8月4日 (金) 02:45。

以下引用。

少子・高齢社会の財源問題
高齢化による総給付額の増大、少子化による総納付額の減少により、年金制度は予定給付額を下回る納付収入しか得られないことが確実視されている。その結果、将来の年金給付が現行ほどの金額が期待できないという国民の憶測から、現在、国民年金の(第2号、第3号被保険者、保険料免除者等を除く加入対象者総数に対する)納付率は約6割となっており、このことが国民皆年金制度の根本を揺るがす状況となっている。

年金給付を保険料収入のみで賄うのは現在の急速な少子化の状況では不可能で、制度の健全な運営には税投入割合の増加や高額の未納付保険料の強制回収が必要との意見がある。近年は高齢化の進行にともなう年金財政の危機的状況が問題とされているが、福祉先進国と日本を比べた場合、将来の財源となると考えられる間接税率は非常に低い。これは1990年代以降長期の不況が続いていたため、間接税率の引き上げを世論が容認しなかったことが理由のひとつである。

解決策として、税・保険料率アップを考慮しつつ、それより先に税・保険料の無駄遣いをなくし、年金保険の所得再分配機能の強化(高所得者層の年金給付額の引き下げ)により財源を確保することが当面の世論となっている。

posted by 将来と今この時 at 13:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 年金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

公的年金の財源

まあ、いろいろなところに疲弊が・・・わたしは貝になりたい。疲れた。

年金
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

最終更新 2006年8月4日 (金) 02:45。

以下引用。

公的年金の財源

財源は、保険料・国庫負担(税金)・積立金の運用利子である。一年間の実質的収入は、2002年末で厚生年金・国民年金・共済年金の合計で約38兆円である。このうち70%、約27兆円が保険料、国庫負担は約15%の5.8兆円、5.3兆円が財政投融資や債券など運用利子である。

保険料は国民年金が1万3千580円/月で、第1号被保険者の場合、扶養している配偶者の分も支払わなければならない。第2号被保険者(厚生年金と共済年金) は収入の約13%を、企業・政府(雇用者)と個人(被雇用者)とで折半して負担し、そこから人数分の国民年金保険料が国民基礎年金会計へ拠出される。第3 号被保険者(第2号被保険者に扶養されている配偶者)は国民年金保険料を支払わなくてよい(配偶者の雇用者、高所得者、独身者等が肩代わりすることになる)。

posted by 将来と今この時 at 21:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 年金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月27日

各年金法の成立と被保険者

保険は入っておいた方がいいですね。なにかと。うーーん。私は、生きるところまで生きて、潔く死ぬつもりだったのだけど、いつ、気が変わるかもしれないしね。

最近、「ホームレス」とか「無職」というキーワードでネットを調べているのだけど、基本的には、国民年金を払っておくか、(免除の手続きをしておく)というのが、肝心ですね。国民年金を払っていない状態で無職になってしまうと、ものすごくまずい。まあ、年金の話だけど。

年金
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

最終更新 2006年8月4日 (金) 02:45。

以下引用。

各年金法の成立と被保険者

民間の年金法は、戦前に1939年船員保険法が、1941年労働者年金保険法が、1944年旧厚生年金保険法が成立している。戦後には1958年国会議員互助年金法、1959年国民年金法、というように職域ごとに年金制度が誕生している。なお、国家公務員関係では、明治時代から部分的に恩給令・恩給法が公布されているが、これも軍人恩給から始まる職域ごとの成立であった。また江戸時代初期会津藩の保科正之が身分を問わず、90歳以上の者に終生一人扶持(1日当たり玄米5合)を与えたのが、日本初の公的年金との説もある。

国民年金や厚生年金、共済組合(共済年金)などがあり、20歳以上60歳未満の日本居住者は国民年金に加入することが義務付けられている。国民年金を直接納付している人(第1号被保険者)のほか、厚生年金、共済組合等から基礎年金保険料を納付している被保険者(第2号被保険者)や第2号被保険者の配偶者(第3号被保険者)なども国民年金に加入している扱いとなる。

このように、日本では職域ごとに年金制度が発足し充実していったが、制度が複雑になりすぎ、就く仕事により保険料率や支給金額が異なり有利不利が出るなどの弊害が出ており、現在では年金を何らかの形で一元化する方向が望ましいとされている。

posted by 将来と今この時 at 13:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 年金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月28日

公的年金の種類

ずっと自営業だから、一階部分しか関係がないみたい。

年金
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

最終更新 2006年8月4日 (金) 02:45。

以下引用。

公的年金の種類

日本の年金制度は3階建てとなっている。

1階部分
最低限の保障を行う国民基礎年金(保険料は定額)
2階部分
現役時代の収入に比例した年金を支給する厚生年金、共済年金(保険料は収入の一定割合)
3階部分
企業年金(厚生年金基金、税制適格年金。保険者ごとに保険料が異なる)

厚生年金、共済年金に加入すると、国民基礎年金にも加入したとみなされる。

 

posted by 将来と今この時 at 22:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 年金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

間接税

保険料の財源を、全部、間接税でまかなおう、という方式です。

年金
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

最終更新 2006年8月4日 (金) 02:45。

以下引用。

税方式
保険料を徴収せずにすべて税でまかなう。間接税を主たる財源としている国が多い。

posted by 将来と今この時 at 23:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 年金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月29日

修正積立方式

積立方式と賦課方式のあいのこみたいなもの

年金
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

最終更新 2006年8月4日 (金) 02:45。

以下引用。

修正積立方式
修正賦課方式とも言う。制度上は積立方式だが、事実上賦課方式である現在の日本の方式。最初は積立方式として始めたが、年金受給額を物価上昇にあわせて増額する物価スライド制と年金受給者人口の増大によって積立金では年金支払額がまかなえなくなり、現役世代から徴収した保険料を支払いにあてたため、年々賦課方式の性格を強めた。現在でも、賦課方式ではありえない年金支払額数年分に相当する巨額の積立金を保有する。

posted by 将来と今この時 at 16:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 年金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

賦課方式

現役世代から徴収した保険料で、年金受給者への年金をつくる方式。若い世代が少なくなって、年金受給者が増えた場合、困る。

年金
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

最終更新 2006年8月4日 (金) 02:45。

以下引用。

賦課方式
積立金を作らず、現役世代から徴収した保険料で、その年の年金受給者への年金をまかなう方式。徴収する保険料そのものが景気により変動するので、インフレによる物価上昇に強い。一方で、社会の人口構造の変動に弱く、少子化・高齢化によって就業人口が少なくなると現役世代の保険料の負担が大きくなりすぎる欠点がある。また、世代間の仕送りという性格を持つため、積立方式と比較し負担と給付の関係が明確でなく、保険料に見合った年金が支払われにくい仕組みである。

posted by 将来と今この時 at 20:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 年金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月01日

積み立て方式

積み立て方式は、自分で全部の金を積み立てておく方式。

難しくいうと「被保険者が収入の一部を積み立てておき、引退後に積立金をその運用益とともに年金として受け取る方式」。自分を中心にして考えた場合、被保険者というのは「自分」だから、こういう解釈でいいと思う。

景気変動の影響を受ける。つまり、インフレ率が高かったりすると、もらうときには、金の価値がなくなっているので、その分まずい。

お金がない人は(収入が少ない人は)そもそも、積み立てることができなかったり、積み立てたとしても、額が少ないので、あまり、役に立たない。という感じでしょうか。収入が少ないというのは、……これは、どうにもなりません。だれもが、できる限り多くの収入を得ようとしている、には違いがないのですから。できる限り収入を多く得ようとしても、いろいろな理由で、「少なくなってしまう」。これが問題であるわけですから。

 

年金
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

最終更新 2006年8月4日 (金) 02:45。

積立方式


被保険者が収入の一部を積み立てておき、引退後に積立金をその運用益とともに年金として受け取る方式。超長期の預金と考えることができる。積立金が累積していくため、積立金の運用が堅実なものであれば、支給時に年金の原資不足が発生することはありえず、また、積み立てた保険料に応じた年金の支給が保証される。しかし実際は、総年金額が積立金の運用で決まるので、景気変動の影響を直接受ける。同じ額を積み立てていても不景気時に退職するほうが好景気時に退職するときより年金額は少なくなる。不景気時にレイオフが発生しがちであることを考えると、個人の負うリスクが大きい。また、インフレによる物価上昇に追随することが難しい。低所得者は積み立てそのものができにくく、引退後の所得保障としては不十分となる。

posted by 将来と今この時 at 14:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 年金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
カスタム検索



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。