---------

2006年09月26日

少子化と高年齢化

そのまま少子化と高年齢化の問題。しかし、「運用」の問題もあると思うけど。まあ、続かないよね。今のままでは。

年金
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

最終更新 2006年8月4日 (金) 02:45。

以下引用。

少子・高齢社会の財源問題
高齢化による総給付額の増大、少子化による総納付額の減少により、年金制度は予定給付額を下回る納付収入しか得られないことが確実視されている。その結果、将来の年金給付が現行ほどの金額が期待できないという国民の憶測から、現在、国民年金の(第2号、第3号被保険者、保険料免除者等を除く加入対象者総数に対する)納付率は約6割となっており、このことが国民皆年金制度の根本を揺るがす状況となっている。

年金給付を保険料収入のみで賄うのは現在の急速な少子化の状況では不可能で、制度の健全な運営には税投入割合の増加や高額の未納付保険料の強制回収が必要との意見がある。近年は高齢化の進行にともなう年金財政の危機的状況が問題とされているが、福祉先進国と日本を比べた場合、将来の財源となると考えられる間接税率は非常に低い。これは1990年代以降長期の不況が続いていたため、間接税率の引き上げを世論が容認しなかったことが理由のひとつである。

解決策として、税・保険料率アップを考慮しつつ、それより先に税・保険料の無駄遣いをなくし、年金保険の所得再分配機能の強化(高所得者層の年金給付額の引き下げ)により財源を確保することが当面の世論となっている。

posted by 将来と今この時 at 13:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 年金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
カスタム検索



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。