---------

2006年09月13日

保険料免除制度

収入が少ないときは、
免除してもらおう。

保険料免除制度があるのだから。
手続きに行くのは、めんどうだろうけど。

 

 

 

年金未納問題
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
最終更新 2006年4月23日 (日) 09:15。

国民年金の保険料
三種の被保険者のうち、第二号被保険者と第三号被保険者は、厚生年金、共済年金などの被用者保険の会計から直接、国民年金の会計(基礎年金勘定)へ拠出するため、国民年金保険料として納付することはない。国民年金の保険料を実際に納付する義務を負っているのは、第一号被保険者のみである。なお、第一号被保険者であっても、低所得者、学生などを対象に一定の条件下で保険料が減免、猶予される制度として保険料免除制度、学生納付特例制度がある。

第一号被保険者のうち、学生納付特例者(平成16年度末には、173万人)、申請全額免除者(同176万人)、法定免除者(同109万人)は、納付の猶予、または、免除が認められるため、納付対象者から除かれる。結局、1,759万人(同)が国民年金保険料の納付対象者となる。この納付対象者が年金保険料を納付しないと、年金保険料の未納者となる。

 

posted by 将来と今この時 at 08:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 年金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
カスタム検索



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。